現在の登録パソコン用語数3,870語

動作周波数(どうさしゅうはすう) clock frequency
動作クロック / クロック周波数 / クロック

動作周波数とは、CPUや周辺回路において処理のタイミングを合わせるための、あらかじめ決められた信号の振幅速度のことを言います。1GHzであれば、1秒間に10億回の振幅があります。「動作クロック」「クロック周波数」とも言い、単に「クロック」と簡略して言う場合もあります。

動作周波数を上げるとCPUの処理速度も上がります。近年のパソコンは、マザーボード側の動作周波数はそのままでCPUの動作周波数だけを上げる技術が採用されています。

CPUの動作周波数を高くしても、メモリ周辺機器データのやり取りをするバスの動作周波数が変わらないとパソコン全体の性能はあまり上がりません。

部品それぞれに利用できる動作周波数には上限があるので、無制限に動作周波数を上げることはできません。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


動作周波数についてのQ&A

京と自分のPCの違い 何でもパソコン&スマホ110番
スーパコンピュータ京についてネットで調べたところ、京のCPUは、8コア、動作周波数2GHZでした。自分の使っているパソコンのCPUは、Intel製のCorei5なので4コアで動作周波数は、2.53GHZ位です。ふと疑問に思った...


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)