現在の登録パソコン用語数3,940語

APL(エーピーエル) a programming language
array processing language

APLとは、数値計算向きのプログラミング言語で文法の規則が少ないため、単純な記号を演算子として用いることができ、他の言語よりもプログラムを(大幅に)短く記述できます。
名前の由来はa programming language(プログラミング言語)からきています。

当初、情報処理の分野での数値や論理を表現して、処理手順を記述する目的で開発されました。配列演算機能に強く、ときに「array processing language(配列指向の言語)」と言われるときもあります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)