現在の登録パソコン用語数4,061語

AIR-EDGE(エアーエッジ) AIR-EDGE


AIR-EDGEとは、ウィルコム社のPHSを使ったデータ通信サービスで2001年6月にDDIポケット(当時)がサービスを開始しました。開始当初は最大32kbpsでしたが、最大800kbpsの通信が可能となり、全国の同社PHSエリアで利用できます。

パケット交換方式、回線交換方式のいずれも利用可能でしたが、ユーザーの大多数はパケット交換方式のデータ通信を利用していました。

対応端末の種類が豊富で、PCカードタイプやコンパクトフラッシュタイプのほか、USBタイプ、SDカードタイプもありました。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


AIR-EDGEについての説明 2件

AIR-EDGE - Wikipedia
AIR-EDGE(エアーエッジ、旧表記AirH") は、ワイモバイル(旧社名DDIポケット→ウィルコム)がDDIポケット時代の2001年 6月1日より提供している、PHS回線を利用したパケット通信による、定額制または準定額制の、IPデータ通信サービス ...

AIR-EDGEとは - IT用語辞典 Weblio辞書
AIR-EDGEとは?IT用語辞典。 読み方:エアーエッジ【英】AirH"AIR-EDGEとは、PHS事業者のウィルコム(旧・DDIポケット)が2001年6月に提供を開始した定額料金制の移動体通信サービスの名称である。AIR-E...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)