現在の登録パソコン用語数3,849語

AES(エーイーエス) advanced encryption standard


AESとは、米国の国立標準技術研究所(NIST)が政府標準暗号として2001年に承認した共通鍵暗号方式のこと。

以前の標準暗号は、1977年に制定されたDESが採用されていました。この方式はコンピューターの性能向上に伴って、解読される危険性が高まっていました。そこで、米国政府は1998年を期限にDESに代わる暗号方式を公募し、15候補が集まり、1999年にはその中から候補を5つに絞り込み、2000年10月にベルギーのジョアン・デーメン(Joan Daemen)氏とヴィンセント・ライマン(Vincent Rijmen)氏が開発したRijndael(ラインダール)が選ばれ、2001年にAESとして承認されました。

Rijndaelはデータブロックごとに分けて暗号化し、ブロック長を128ビット、192ビット、256ビットから指定でき、暗号化のときに使う鍵の長さも128ビット、192ビット、256ビットから指定できます。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


AESについての説明 2件

AES - Wikipedia
AESは略語で、いくつかの意味を持つ。 米国政府の次世代標準共通鍵暗号方式、Advanced Encryption Standard のこと。 分光法の一つ、オージェ電子分光(Auger Electron Spectroscopy)のこと。 アメリカ優生学協会 (American Eugenics ...

【AES】 - 【公式】NTTPCコミュニケーションズ
【AES】 AES は、Advanced Encryption Standard の略で、データ暗号化方式のひとつ。 従来、アメリカでは DES やトリプルDES と呼ばれる暗号化方式が使われていた。しかし、この方法は古くなってきため、アメリカ政府はより強力な ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)