現在の登録パソコン用語数3,979語

A3ノビ(エーさんノビ)


A3ノビとは、プリンター用紙で、A3判(297×420mm)よりひと回り大きいもの。実際のサイズはメーカーによって若干異なります。

仕上がりがA3判になる印刷物を作成する際、印刷時や製本時の指標に使う「トンボ」を打つことができるので、版下作成時に使用されることが多い。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


A3ノビについての説明 2件

【A3ノビ】
【A3ノビ】 A3 は、紙の大きさを表す単位で、その寸法は297mm×420mm。そして、A3より一回り大きなサイズを一般に A3ノビと呼んでいる。 現在、一般的なインクジェットプリンタで印刷できるのは、たいてい A4 まで。A4 は、普通の ...

A3ノビとは - IT用語辞典 Weblio辞書
A3ノビとは?IT用語辞典。 読み方:エーさんノビA3ノビとは、A3判(297×420mm)より一回り大きいプリンター用紙の大きさのことである。A3の原稿を印刷版下とする場合、A3の周囲にトンボと呼ばれる目印のマークを付ける必要が...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)