現在の登録パソコン用語数4,138語

68000(ろくまんはっせん) 68000


68000とは、米国モトローラ社が1979年に発表した16ビットCPUのこと。「68K」と略して言われることもありました。正式名称は「MC68000」で同系列のCPUとしては、仮想記憶に対応したMC68010、32ビットCPUになったMC68020、MC68030、MC68040などがありました。

1994年ごろまでのMacintoshがこれらのCPUを採りいれていました。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


68000についての説明 3件

MC68000 - Wikipedia
MC68000(エムシーろくまんはっせん)、68000は米・モトローラ(現フリースケール・セミコンダクタ)が開発したMPU(MPUはマイクロプロセッサを指すのにモトローラが使った語でマイクロプロセッシングユニットの略)である。

おっさんホイホイ:「X68000の日」に“レトロPC”が勢ぞろい ...
2014年6月8日にレトロエクスプレス2号が開催された。X68000、PC-6001、X1など、レトロPCを中心とするハード/ソフトの展示即売会だ。今回の開催地は秋葉原。当然行ってきましたよ。

X68000とは (エックスロクマンハッセンとは) [単語記事 ...
概要 驚異的な性能 「Power to make your dream come true」 関連動画 関連商品 関連項目 掲示板 X68000とは、1987年にSHARPが発売したパーソナル ワークステーション及びシリーズ名称である。 略称はX68K。 概要 X68000とは ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)