現在の登録パソコン用語数4,078語

35mmフィルム換算(さんじゅうごミリフィルムかんさん) 35 mm photography equivalent


35mmフィルム換算とは、デジタルカメラのレンズの焦点距離を、35mmフィルムカメラと同じ画角になる焦点距離に換算した値のこと。

例えばカタログなどで「レンズの焦点距離5.7mm(35mmフィルム換算38mm相当)」などと記載したりしています。

ズームレンズやレンズ交換式のカメラでは、撮影する範囲の角度(画角)を、レンズの焦点距離を変えることで調整します。しかし、画角はカメラの撮像素子やフィルムのサイズにも左右されます。デジタルカメラは、撮像素子のサイズが機種によって違うので、焦点距離だけでは画角を比較できないので、フィルムカメラの利用経験者が感覚的に分かりやすい、35mmフィルム換算値を併せて表記するのが一般的になっています。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


35mmフィルム換算についての説明 2件

35mm判換算焦点距離 - Wikipedia
フィルム一眼レフカメラを「SLR [4] 」、デジタル一眼レフカメラを「DSLR [5] 」と略称する。 他のフォーマットの「35mm判換算焦点距離」は、使用する焦点距離にメーカーが発表している倍数を掛けることで近似値 [6] を求めることが ...

【35mmカメラ換算】
【35mmカメラ換算】 これは、パソコン用語ではなくカメラ用語。しかし、デジタルカメラではほぼ必ず登場する言葉だ。 まず 35mm は、幅が 35ミリのフィルムという意味。最も普及していた写真用フィルムがこのサイズだった。

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)