現在の登録パソコン用語数4,104語

2次電池(にじでんち) secondary battery


2次電池とは、充電することができる電池のこと。「蓄電池」とも言います。

電気エネルギーを化学反応によって蓄えて、もう一度電気エネルギーとして取り出します。一度しか使えない電池は1次電池と言います。

パソコン用の2次電池は、単位体積や単位重量当たりに蓄積できるエネルギー量を示すエネルギー密度が高いことが重要です。寸法や重量が同じ電池では、エネルギー密度が高いほど長時間使えます。

ノートパソコンのほとんどは専用の2次電池を内蔵していて、ニッカド電池ニッケル水素電池を経て、エネルギー密度の高いリチウムイオン電池が主流になっています。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


2次電池についての説明 3件

二次電池 - Wikipedia
二次電池(にじでんち)は蓄電池(ちくでんち)、充電式電池ともいい、充電を行うことにより電気を蓄えて電池として使用できる様になり、繰り返し使用することが出来る電池(化学電池)のことである。

NEDO 二次電池技術開発ロードマップ2013 Battery RM2013
2 NEDO二次電池技術開発ロードマップ2013改訂ポイント (1) ロードマップ全体 2010年に公表した二次電池技術開発ロードマップ(Battery RM2010)で は 二次電池の主な用途を「運輸部門」、「民生部門」、「産業部門」の分野から

2次電池とは - IT用語辞典 Weblio辞書
2次電池とは?IT用語辞典。 放電したあとも,充電によってもとの状態に戻して繰り返し使用できる電池。蓄電池。 >>『三省堂 大辞林』の表記・記号についての解説を見る

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)