現在の登録パソコン用語数4,138語

レイヤー3スイッチ(レイヤースリースイッチ) layer 3 switch


レイヤー3スイッチとは、ルーターの機能とスイッチングハブの機能を併せ持つネットワーク機器のこと。

通常のルーターではIPパケットのルーティングソフトウエアで処理しているのに対し、レイヤー3スイッチでは専用チップで処理するため処理速度がルーターよりも高速になります。

スイッチは第2層でMACアドレスを基にデータを中継し、ルーターは第3層のIPアドレスなどを基にIPパケットを目的のLAN転送するが、レイヤー3スイッチはこの2つの機能を1台で行うことができます。レイヤー3スイッチは受け取ったフレームのあて先によって、LANスイッチとして動作するか、ルーターとして動作するかを判断し、MACアドレスが自分あてならルーターとして、そうでないならLANスイッチとして動作します。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


レイヤー3スイッチについての説明 2件

レイヤ3スイッチ - Wikipedia
レイヤ3スイッチ(L3 スイッチ)とは、コンピュータネットワークの構成機器で、主にLANの中核を構成する機器。OSI参照モデルにおけるネットワーク層(レイヤ3)データの転送処理を主な機能とする 。 同様にレイヤ3機器である ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)