現在の登録パソコン用語数4,007語

両端揃え(りょうたんぞろえ) justification


両端揃えとは、ワープロソフトなどで文書中のの左右端が不揃いにならないように体裁を整える機能のこと。特に英語など、単語ごとに区切って表記する言語の文書で必要になります。

英語などでは、1文字で1語の単語もあれば十数文字で1語の単語もあります。ワープロソフトでは単語の途中が行末位置になる場合に、その単語ごと次の行に繰り下げるため、そのままでは行の長さが不揃いになります。

行の両端がそろうように調整するには、単語の間にある空白の長さを調整しますが、さらに各単語の1文字1文字の間隔を同時に微調整する方法もあります。しかしそでだけでは文字数の少ない行が間延びして見えることもあり、それを防ぐため単語の途中をハイフンで切って次の行に送るハイフネーションを利用します。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


両端揃えについてのQ&A

均等割り付けと両端揃え 何でもパソコン&スマホ110番
エクセルのセル内の配置で「均等割り付け」と「両端揃え」がありますが違いがよく分かりません。具体的にどう違うか教えて下さい。


両端揃えについての説明 1件

justificationの意味 - 英和辞典 Weblio辞書
justificationの意味や和訳。 【名詞】【不可算名詞】1(行為の)正当化,(正当であるとする)弁明,(正当化の)理由,根拠.2【神学】 (神によって)正しいとされること,罪なしとされること.不可算名詞としての「justificati... - 約1020万語ある ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)