現在の登録パソコン用語数4,042語

リバースエンジニアリング【 reverse engineering


リバースエンジニアリングとは、ソフトウエアの開発工程を逆にたどっていき、構造や機能を解析して、製品に機能を反映させることを言います。逆コンパイルを行って機械語プログラムソースコードに戻して解析し、各機能や機能間の連携を解析していき、特定のソフト互換性のあるソフトを開発するために行われてきました。

ソフトウエア自体は著作権で保護されているが、そのベースとなっているアイデアは保護の対象外となっていて、アイデアを参考にすることで、競合他社はその製品と互換性を持つ製品を開発できます。

パソコンソフトでは、ソフトウエア使用許諾契約でリバースエンジニアリングを禁止していることが多い。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


リバースエンジニアリングについての説明 4件

リバースエンジニアリング - Wikipedia
リバースエンジニアリング(Reverse engineering)とは、機械を分解したり、製品の動作を観察したり、ソフトウェアの動作を解析するなどして、製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図などの仕様やソースコードなどを ...

リバースエンジニアリングとは - 知的財産用語 Weblio辞書
リバースエンジニアリングとは?知的財産用語。 競合する他社が開発した新製品を分解・解析し,その原理・製造技術などの情報を獲得して自社製品に応用すること。分解工学。 RE 。

リバースエンジニアリングとは (reverse engineering): - IT用語 ...
リバースエンジニアリングとは、既存の製品を解体・分解して、製品の仕組みや構成部品、技術要素などを分析する手法のことである。リバースエンジニアリングは、ソフトウェアに対してはプログラムの分析が行われ、ハードウェア ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)