現在の登録パソコン用語数4,042語

ムーアの法則(ムーアのほうそく) Moores Law


ムーアの法則とは、米国インテル社の創設者の1人であるゴードン・ムーア(Gordon E. Moore)博士がに提唱した「半導体の性能と集積度は18カ月から24カ月ごとに2倍になり、それに比例してコストが低下する」という法則のこと。1965年に提唱しました。

現実の結果とよく合致していることで知られています。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


ムーアの法則についての説明 5件

ムーアの法則 - Wikipedia
ムーアの法則(ムーアのほうそく、英: Moore's law )とは、大規模集積回路(LSI IC)の製造・生産における長期傾向について論じた1つの指標であり、経験則に類する将来予測である。米インテル社の創業者のひとりであるゴードン ...

ムーアの法則とは - 時事用語 Weblio辞書
ムーアの法則とは?時事用語。 CPUの性能が18ヶ月で2倍になるという法則CPUや半導体メモリーなどのシリコン集積回路の密度(単位体積あたりの素子数)が急激に増大することを表した法則である。1年半で2倍、3年で4倍、…という ...

2021年、ムーアの法則が崩れる? - ITmedia NEWS
関連記事 Google Compute Engine、“ムーアの法則に従い”約10%の値下げ Googleが、AmazonのEC2などと競合するIaaS「Google Compute Engine」の料金を約10%値下げした。 「ムーアの法則」の限界、2014年に ...

ムーアの法則とは - はてなキーワード
「ムーアの法則」とは - Intelの共同創設者、ゴードン・ムーアが1965年に提唱した『半導体チップの集積度は、およそ18カ月で2倍になる』という法則。 転じて、コンピュータのCPUの性能は18ヶ月で2倍の性能になる、と...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)