現在の登録パソコン用語数4,029語

CGPointクラス【 CGPoint


CGPointクラスとは、【説明】
Objective-CでCGPointは、対象オブジェクトの位置を管理するクラスです。生成するには、CGPointMakeを使い、引数には「位置x, 位置y」の順で指定します。

【クラス階層】
NSObject

UIResponder

UIView

CGPoint

【例文】
// CGPointの生成
CGPoint point = CGPointMake(200, 300);

CGPointから値を取得するにはプロパティにて取得します。
CGPoint画像

【CGPointの主なプロパティ】

プロパティ/型
x(float)
位置のX座標を取得する
(例)float loc_x = point.x;

y(float)
位置のY座標を取得する
(例)float loc_y = point.y;




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


CGPointクラスについての説明 1件

【iOS】CGPoint()とCGPointMake()の違い - Qiita
Ruby思考なぼくは最初、CGPointのオブジェクトを生成するためのメソッドだからCGPointクラスの中に定義されている?と思った。しかし、CGPoint は 構造体だからメソッドが定義されているはずがない! じゃあ、どこで定義されて ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)