現在の登録パソコン用語数3,872語

C to C(シーツーシー) Consumer to Consumer
C2C

C to Cとは、インターネットを介して行われる、オンラインでの消費者間電子商取引。C2Cとも表記されます。

インターネットを介して行われる、オンラインでの企業間同士の電子商取引のことを「B to B」(Business to BusinessB2B)と言います。

企業と一般消費者との商取引、もしくは企業が一般消費者向けに行う事業のことを「B to C」(Business to ConsumerB2C)と言います。

従業員向けの社内システム、または企業向けのポータルを中心としたビジネスソリューションのことを「B to E」(Business to EmployeeB2E)と言います。

企業と政府や自治体などの公的機関の商取引、もしくは、企業が公的機関向けに行う事業のことを「B to G」(Business to GovernmentB2G)と言います。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


C to Cについての説明 2件

C.C. (コードギアス) - Wikipedia
コードギアス > コードギアス 反逆のルルーシュ > コードギアスシリーズの登場人物 > C.C. (コードギアス) C.C.(シーツー)は、テレビアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』の登場人物で同作品のヒロイン(声:ゆかな)

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)