現在の登録パソコン用語数4,026語

コンパイラディレクティブ  【 Compiler Directive
コンパイラ指示子

コンパイラディレクティブ  とは、Objective-Cにおけるコンパイラディレクティブは、@から始まり、クラスの定義をするコマンド用語のようなもの。「コンパイラ指示子」とも言います。

よく使われるものに「@interface」「@implementation」「@end」などがあります。

アクセスの制限を指定するコンパイラディレクティブもあります。アクセスオブジェクト指向の三大要素の一つである「カプセル化」を実現するのに必要なものの1つです。
(多言語ではアクセス修飾子に該当します)

@private
インスタンス変数は、それを宣言するクラス内でのみ呼び出すことができます。サブクラスからは呼び出し出来ません。同じクラスのインスタンスなら、メソッド内で「->」を用いて呼び出すことができます。

@protected
インスタンス変数は、それを宣言するクラス内および継承するクラス内で呼び出すことができます。同じクラスのインスタンスなら、メソッド内で「->」演算子を使って呼び出すことができます。

@public
インスタンス変数は、どこからでも呼び出すことができます。

@package
そのクラスが定義されているフレームワークの内部実装からは @publicのように呼び出すことができますが、フレームワークを外部から利用する場合は@privateと同様に制限されます。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


コンパイラディレクティブ  についての説明 2件

ディレクティブ - Wikipedia
ディレクティブ(英: Directive )は、プログラミングにおいてコマンドのような意味で使われる用語であり、プログラミング言語の一部の構成要素(例えば、コンパイラやアセンブラに処理方法を指示する記述など)を指すこともある。

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)