現在の登録パソコン用語数4,042語

補助記憶装置(ホジョキオクソウチ) auxiliary storage
外部記憶装置 / 二次記憶装置

補助記憶装置とは、主記憶装置を補うための記憶装置のことで、コンピュータ用のプログラムデータを記憶する装置。「外部記憶装置」、「二次記憶装置」、「ストレージ」とも言います。

データを保持する電子媒体と読み書きを行う駆動装置(ドライブなど)で構成されていて、ハードディスク、磁気テープ、光磁気ディスク等が有ります。

直接CPUアクセス演算できる主記憶装置に対して、CPUに直接アクセスできないものを補助記憶装置と言います。

補助記憶装置は拡張性に優れており、しかも大容量です。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


補助記憶装置についての説明 4件

補助記憶装置 - Wikipedia
補助記憶装置の種類は以下のように大別できる。 紙テープ パンチカード 磁気テープ バブルユニット 磁気バブル 磁気コアメモリ - 主記憶装置だが不揮発性を持つ。 磁気ドラムメモリ 磁気ディスク 光ディスク 光磁気ディスク

補助記憶装置 - 補助記憶装置の概要 - Weblio辞書
補助記憶装置 補助記憶装置の概要 「ストレージ」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「ストレージ (曖昧さ回避)」をご覧ください。この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。

外部記憶装置とは 「補助記憶装置」 (external storage) が ...
外部記憶装置 読み方:がいぶきおくそうち 別名:補助記憶装置,ストレージ 【英】external storage 外部記憶装置 とは、コンピュータ本体の外部に接続して、プログラムやデータなどを記録する装置のことである。 現在採用されている ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)