現在の登録パソコン用語数4,061語

A/D変換(エーディーヘンカン) Analog to Digital Conversion


A/D変換とは、アナログ信号からデジタル信号への変換する操作、もしくは機能の事。モデムサンプリングカードで音声をパソコンに取り込んだりすること等を言います。

変換作業の中心になっているのがA/Dコンバータ(A/D変換チップ)で通常は、電圧や電流をデジタル値に変換する。

A/D変換の機能は「分解能」と「速度」で決定されます。分解能はビット値で表され、ビット値が大きいほど精度が高いといえます。また、速度はサンプリングの周波数で表され、1kHzは1秒間に1000回変換が行われることを指します。

またA/D変換では、信号が有限桁数の数値に正規化されてしまうため、量子化ノイズの誤差が避けることができません。

A/D変換の反対の意味でデジタルの信号をアナログの信号に戻すことを「D/A変換」と言います。例えばデジタル信号の画像データディスプレイで表示するグラフィックボードは、デジタル信号をアナログ信号に変換する一例です。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


A/D変換についての説明 3件

【D/A変換】
【D/A変換】 A/Dコンバータ A/D変換 D/Aコンバータ A/D(D/A)のAはアナログの略、Dはデジタルの略。で、A/D変換というと、アナログ形式のデータをデジタル形式に変換すること。D/A変換は、デジタル形式のデータをアナログ形式に変換 ...

アナログ-デジタル変換回路 - Wikipedia
また、アナログ-デジタル変換(アナログ-デジタルへんかん、A/D変換 )は、アナログ信号をデジタル信号に変換することをいう。 逆はデジタル-アナログ変換回路である。 アナログ-デジタル変換回路 上:連続量であるアナログ信号 下 ...

A/D変換とは (analog to digital conversion) エーディーへんかん ...
A/D変換とは、アナログの信号をデジタルの信号に置き換える操作のことである。一般に、コンピュータは、1か0か、有るか無いか、といったデジタル情報しか取り扱うことができず、連続的な中間量を含むアナログデータを扱うのは ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)